私たちの信仰

①神様について

 

 

●この世界を創造されたまことの神は、唯一の神です。

 

 そして、唯一の神は、三位一体の神です。

 

 三位一体とは、「唯一の神には、三つのご人格(三位)があり、そ

 

れは、父なる神、御子なる神である主イエス・キリスト、聖霊なる

 

神」ということです。

 

 

 また、唯一の神である、父・子・聖霊は、同じ性質と属性、栄光

 

を備えておられます。

 

 しかも、それぞれのお方が独立し、自存するのではなく、いつも

 

一つの思いと目的を持って、協同しておられるのです。

 

  ですから(本当の意味で) 一体なのです。 

 

聖書:創世記19:24、詩篇110篇、マタイ28:19、

   Ⅱコリント13:13

 

 

          siryou2.png                

 

 

●「わたしはある」(自存する)といわれた神は、何も必要とされる

 

のはありません。

 

 人間は、空気や水や地球がなければ生存することはできません。

 

 しかし神は、そういうものに一切頼る必要がなく、ご自分だけで

 

自存することのできるお方です。

 

 

聖書:出エジプト3:14

 

 

●聖書は、父なる神の栄光を表すために、主イエス・キリストが全

 

てのわざを行われたと書かれています。

 

 また聖霊なる神は、主イエス・キリストの栄光をあらわすため

 

に、活動しておられます。

 

 父・子・聖霊は、同じ性質と属性、栄光を備えておられます

 

が、この順番は変わることがありません。

 

 

聖書:ヨハネ17:4、ヨハネ16:14

 

 

●主イエス・キリストは、まことの神であり、同時に、人間である

 

お方です。

 

聖書:ヨハネ1:1、ヨハネ1:14、Ⅰヨハネ5:22

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②聖書について

 

 

 

 

●聖書は「無謬無誤言語十全霊感」されている書物です。

 

 簡単にいうと、使われている単語も含めて、(預言者・使徒を通し

 

) 全て神によって書かれたということです。

 

 

「聖書はすべて神の霊感による」。

 

 

聖書:Ⅱテモテ3:16、Ⅱペテロ1:20・21

 

 

●聖書は、クリスチャンであれば、誰でも理解できるように書かれ

 

てあります。

 

 ただし、当時の常識や、言い回し、読むポイント等は、学ばなけ

 

ればならないでしょう。

 

 

聖書:Ⅱテモテ2:7、Ⅱコリント1:13

 

 

 

 

 

 

 

 

③罪について

 

 

 

●神は、私たちの行ったこと、話したこと、思ったことを、全て知

 

っておられます。

 

 

聖書:詩篇139:1~6、Ⅰサムエル16:7、マタイ5:21・22、

 

   マタイ5:27・28

 

偶像礼拝は、神に対する非常に大きな罪です。

 

 

聖書:出エジプト20:3~6、ローマ1:18 23

 

  

●罪を行う者は、必ずさばきを受けなければなりません。

 

 そのさばきは、永遠の燃える火の池の地獄です。

 

 そして、全ての人間は罪人です。

 

 

聖書:ローマ6:23、ローマ3:10~18、ローマ3:23

 

   黙示20:11~15、黙示21:8

 

 

●ローマ6:6に書かれている「古い人」とは、「アダムの子孫」と

 

いう、私たちの立場を表しています。

 

 信じる前の私たちの代表者は、「アダム」です。

 

 

聖書:ローマ6:6 コロサイ3:9

 

  

●聖書は、最初の人アダムと共に、私たち自身が、善悪の知識の木

 

の実を食べるという罪を共に犯した、と語っています。

 

 

聖書:ローマ5:12、ヘブル7:9・10

 

 

●世界中の全ての人間は、アダムの子孫に属する者と、主イエス・

 

キリストに属する者の、二つのグループに分けることができます。

 

 

聖書:ローマ3:23・24、ローマ5:15~19

 

 

 

④救いについて

 

 

 

●主イエス・キリストの十字架の死と復活により、ただ、主イエ

 

ス・キリストを 自分の神・救い主と信じる者は、永遠のいのちを

 

持ちます。

 

 永遠のいのちとは、死後、地獄に行くことなく、天国に行くこ

 

とができるということです。

 

 

 行いによるのではありません。

 

 行いによって救われようとすることは、のろいの道です。

 

 主イエス・キリストの身代わりの死・贖いだけが、人間を地獄

 

から救うただ一つの道です。

 

 

聖書:ガラテヤ3:10 、ヨハネ3:16、ヨハネ3:36、

 

   ガラテヤ2:16 、エペソ2:9、ローマ3:28

 

 

●一度受けた本当の救いを失うことは、決してありません。

 

 

聖書:ヨハネ10:28・29

 

 

●死後には救いの可能性はありません。

 

 つまり、今生きている間に、主イエス・キリストを信じなけれ

 

ば、死後、永遠に燃える火の池である地獄に行かなければなり

 

ません。

 

 

聖書:ヘブル9:27、ルカ16:23、黙示21:8

 

 

●聖書は、救いという言葉を「地獄からの救い」、「間違った歩

 

みからの救い」、「現在持っている血肉のからだから、栄光のか

 

らだへ変えられる」という三通りの意味で使っていますが、

 

まだ、主イエス・キリストを信じていない人が知らなければなら

 

ない救いは、地獄からの救いです。

 

 

聖書:ヨハネ3:16、ヨハネ3:36、Ⅰペテロ2:2、

 

   ローマ8:24

 

 

●「悔い改め」は、特別なことではなく、信じるまでの過程の中

 

に、悔い改めも含まれています。

 

 そもそも「悔い改め」という言葉は、「方向転換」という意味

 

で、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

 

 私たちは、「神について、主イエス・キリストについて、自分

 

自身について」、いろいろと誤解をしていましたが、その誤解か

 

ら正しい道に導かれて、信じるに至りました。その信仰までの過

 

程の中で、すでに悔い改めが起こっているのです。

 

 

 また、悔い改めは、この流れから分かるように、神様から与え

 

られるものです。 

 

 

聖書:Ⅱテモテ2:25、使徒5:31、使徒11:18

 

 

 

⑤歩みについて

 

 

 

●クリスチャンになっても、天に行くまで、罪は消えることもな

 

く、弱まることもありません。 

 

 

聖書:Ⅰヨハネ1:8、ローマ7:8~24

 

 

●クリスチャンは、律法によって歩んではなりません。

 

 律法は、のろいをもたらします。

 

 

聖書:ガラテヤ3:10、ローマ3:20

 

 

●律法は、イスラエル民族に与えられたものであり、クリスチャ

 

ンが守るべきものではありません。

 

 また、律法を守ることは、実は、誰にもできません。

 

 

聖書:ヘブル7:18・19、エペソ2:15、エゼキエル20:25

 

 

●律法は、教会時代には、完全に終わったものです。

 

 なぜなら律法は、レビ族のアロンの祭司職に基づいて与えられ

 

たものだからです。

 

 

 祭司職が変われば、必ず律法も変わらなくてはなりません。

 

 主イエス・キリストは、ユダ族出身でありながら、大祭司とな

 

られました。

 

 

 これは、旧約聖書の律法を、現在の教会時代に当てはめてはな

 

らないことを意味しています。

 

 

聖書:ヘブル7:11~14、ヘブル7:14、ヘブル7:27、

 

   ヘブル7:18~19

 

 

●クリスチャンは、恵みによって歩みます。

 

 

 具体的には、バプテスマ(洗礼)が表現しているように、キリス

 

トを信じたときに、キリストと共に十字架で死に、キリストと共

 

に墓からよみがえった者として、今、自分は、主イエス・キリス

 

トと一体となって生きていることを信じなければなりません。

 

 

聖書:ローマ6:3~5、ガラテヤ2:20

 

 

●主イエス・キリストが、神の御座の右に着座されているよう

 

に、主イエス・キリストと一体となった私たちも、今現在、すで

 

に、そこに着座しているという立場・事実を認めなければなり

 

ません。

 

 

 その立場・事実を、信じて歩むのが、クリスチャンの歩みなの

 

です。

 

 

聖書:エペソ2:6、エペソ4:1

 

 

●この立場・事実は、全ての主イエス・キリストを信じたクリス

 

チャン全員に与えられています。

 

 

 知識や経験の差、敬虔さは一切関係ありません。

 

 

 また、これは、クリスチャンの体験ですらもありません。

 

 

 聖書を通してなされている神の宣言です。

 

 

聖書:Ⅱコリント5:16・17

 

 

●山上の垂訓は、現在のクリスチャンに適応すべきものではあり

 

ません。

 

 これは、千年王国におけるイスラエルと王国の基準を述べたも

 

のです。

 

 

 教会については、一言も語られておられません。

 

 

聖書:エレミヤ31:33・34、エレミヤ32:38~41、

 

   エゼキエル36:25~27

 

 

●聖書を正しく理解して歩むためには、聖書を時代区分して考えな

 

ければなりません。

 

 これは「ディスペンセイション」という考え方です。

 

 これは聖書を理解するうえで極めて重要なポイントです。

 

 

 聖書の時代区分は、大きく分けると、八つの時代があると考えら

 

れています。(七つという人も多いですが。) 

 

 また、それぞれの時代に、人間に与えられた責任と、神の目的は

 

違っていると考えます。

 

 

 例えば、現在のクリスチャンに「善悪の知識の木からは、食べて

 

はならない。」と言うのは意味のないことです。

 

 また、現在、ノアの箱舟に乗ることも不可能なことです。

 

 

 時代区分を考えない聖書解釈は、あまり意味がありません。

 

 

聖書:ヘブル1:1・2、エペソ2:7、エペソ3:5、エペソ3:9、

 

   ヨハネ1:17

 

 

●空中再臨は、現在のクリスチャンの希望です。

 

 

 パウロもそれを熱望していました。

 

 

聖書:ピリピ3:10・11、ピリピ3:20、

 

   Ⅰテサロニケ4:13~18

 

img20190517_21194093.jpg

 

    (天地創造から終末までの時代区分図)

 

 

 

⑥教会について

 

 

●目には見えないけれど、「キリストのからだ」と呼ばれる、一つ

 

の教会というものが、この世界には存在しています。

 

 その目に見えない一つの教会の頭は、主イエス・キリストです。

 

 

聖書:Ⅰコリント12: 13  、コロサイ1:18

 

 

●目に見えない一つの教会は、一つの有機体のような存在です。

 

 そのキリストのからだの構成員は、現在、地上に生きている全て

 

クリスチャンから成っています。

 

 本当のクリスチャンであるならば、教理や教派には関係なく、

 

皆、その体の一員なのです。

 

 

聖書:Ⅰコリント12: 12~13 、Ⅰコリント12:27

 

 

●目に見えない一つの教会に対して「地方教会」という存在があり

 

ます。

 

 これは目に見えるかたちでのキリスト教会です。

 

 一般的に使われている教会という言葉は、この地方教会を表して

 

います。

 

 この地方教会は、目に見えない一つの教会のひな型であるといっ

 

てよいでしょう。

 

 

聖書:使徒13:1 、Ⅰコリント1:2 、ピリピ1:1

 

 

●地方教会の頭も、主イエス・キリストです。

 

 目に見えない一つの教会は、構成員の入れ替えはあるが、完全な

 

状態です。

 

 しかし、地方教会は、当教会も含めて、全て不完全なものです。

 

 罪人である人間の集まりであるがゆえに、決して完全にはなれな

 

いのですが、それでも私たちはキリストの名のもとに集まるように

 

と、神は、聖書を通して、勧めておられます。

 

 

聖書:マタイ18:20 、Ⅰコリント1:11~13、ピリピ4:2、

 

   黙示2章~3章、ヘブル10:25

 

 

●地方教会には、指導者が必要です。

 

 しかし、聖書が語っている以上の役職を作ったり、組織を作った

 

りすることは、賢明なことではありません。

 

 

聖書:ヘブル13:17、Ⅰペテロ5:3、ローマ13:1、

 

   Ⅰテモテ5:17~19、エペソ4:11、Ⅰコリント12:28

 

 

●地方教会はそれぞれ独立し、主イエス・キリストあって歩む責任

 

があります。

 

 しかし同時に、主にある兄姉に対して、同じ主の恵みにあずかっ

 

たものとして、愛を示し合うことは、私たちクリスチャンにふさわ

 

しいことです。

 

 

聖書:黙示2章~3章、コロサイ3:12~14、Ⅰペテロ2:17、

 

   Ⅰヨハネ4:16

 

 

●これらの目に見えない一つの教会や、地方教会を超えて、ペンテ

 

コステから空中再臨に至るまでの全てのクリスチャンで作られてい

 

る「キリストの花嫁」と呼ばれている教会があります。

 

 この教会は、現在、天で建て上げられている最中です。

 

 このキリストの花嫁なる教会は、教会時代の信仰者(クリスチャ

 

)のみによって作られるものです。

 

 そして空中再臨の時に完成します。

 

 

聖書:エペソ5:22~32、Ⅱコリント11:2、黙示22:17

 

 

●真理を犠牲にして、一致を保つことや、交わりを持つことは、

 

しいことではありません。

 

 

聖書:Ⅰコリント11:19、箴言23:23、Ⅱテモテ2:19~21

 

 

●今では、ほとんど見られなくなった聖霊の賜物があります。

 

 それは、奇蹟や、いやしや、異言等です。

 

 この賜物は、主イエスの場合は、このお方が救い主であること

 

を証明するものでした。

 

 使徒の場合は、使徒が神から遣わされた者であることを証明す

 

るものでした。

 

 コリントの教会の場合は、これが神によって設立されたことを

 

証明するためのものでした。

 

 しかし、この聖霊の働きは、それらが証明された後、急速に衰

 

えていきました。

 

 それは、もう、奇蹟等によって証明する必要がなくなったから

 

です。

 

 

聖書:ピリピ2:27、Ⅱテモテ4:20 

 

 

●現在、使徒と預言者はいません。

 

 なぜなら、彼らは、私たちの信仰の土台を作るという働きを担

 

っていたからです。

 

 新約聖書が完成していなかったときには、彼らがいなくては、

 

真理がわかりませんでした。

 

 しかし、聖書が完成した時に、逆に彼らがいては、矛盾が生じ

 

てしまうのです。

 

 

聖書:エペソ2:20、黙示22:18・19

 

 

 

⑦その他のこと

 

 

●クリスチャンは世と分離するように命じられています。

 

聖書:Ⅱコリント6:14~18、ヘブル10:36、

 

   ヘブル11:13~16、ヘブル13:12~14、Ⅰペテロ2:11、

 

   Ⅰヨハネ2:15~17 

 

 

●神のみわざの目的、またクリスチャンの使命は、神の栄光を表す

 

ことです。

 

 ただし、私たちの立場は、「すでに神の栄光を表している存在」

 

であることを認めなければなりません。

 

聖書:イザヤ43:7、イザヤ43:21、エペソ1:3~6、エペソ2;6、

 

   エペソ2:10、エペソ4:1

 

 

●キリストの十字架による地獄からの救いを伴わない善行は、全く

 

意味がありません。

 

 

聖書:Ⅰコリント1:18、Ⅰコリント1:23・24、

 

   Ⅰコリント2:1・2、エペソ2:10

 

 

●聖書は、神の選びと、人間の責任を同時に語っています。

 

 これらのことは、人間の頭では矛盾しているように見えますが、

 

神にあっては、そうではないことを、信仰によって認めなければな

 

りません。

 

 

聖書:ローマ9:9~24、ローマ11:5・6、エペソ1:4、

 

   Ⅱテサロニケ1:8・9

 

 

●カトリック教会は、信仰だけによる救いを否定し、行いによる救

 

いを語っています。

 

 聖書から判断すると、これは異端の考えになります。

 

 

聖書:ヨハネ3:16、ヨハネ3:36、ローマ3:20、ローマ4:5、

 

   ローマ10:9、ローマ11:6、ガラテヤ2:16、エペソ2:8・9 

 

 

●「メシアニックジュー」と呼ばれる人々がいます。

 

 彼らはイスラエル人ですが、主イエス・キリストを信じて、地獄

 

から救われた人たちです。

 

 しかし、自らのことを、教会に属するものとは考えず、イスラエ

 

ルに属するものと考えています。

 

 イスラエル人と、キリスト教会の間には、多くの人間による失敗

 

がありました。

 

 これは率直に認めなければならないことです。

 

 しかし、聖書は、教会時代に救われた人は、全て教会の一員で

 

あり、例外はないと書いてあります。

 

 

聖書:Ⅰコリント12:13 、エペソ2:11~22、エペソ3:6

 

 

●女性の責任者については、士師のデボラや、女預言者のフルダの

 

例もありますが、明確に聖書は、男性が指導者にならなければなら

 

ないと語っています。

 

 

聖書:Ⅰコリント14:34~37、Ⅰテモテ2:12~14、

 

   Ⅰテモテ3:23

 

 

●同性愛について、聖書は罪であると示しています。

 

 神様は、不品行を行うソドムとゴモラの人々を滅ぼされました。

 

 けれども、この行為が、神様の前に罪であることを認めて、主

 

イエス・キリストを信じれば、誰でも救われます。

 

神様はなお、罪人である私たちを救いたいと願っておられるのです。

 

 

聖書:ローマ1:24~27、創世記18:20・21、

 

   創世記19:4~29、レビ18:22、Ⅰコリント6:9

 

   Ⅰテモテ1:10